<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2012.05.23 ヒメウラナミジャノメとクマバチ
ジャコウアゲハが舞う緑地帯で、ウマノスズクサを探してうろうろ。

ナワシロイチゴ?バラ科のつる植物の花に、
ヒゲナガハナバチと多数のヒメウラナミジャノメが訪れていた。

南国の雰囲気で。
f0139568_20273742.jpg


目玉模様の大小にはかなり個体差があるよう。
f0139568_20275783.jpg


クマバチも飛んできたので飛翔を狙う。
あとで画像を確認したら、オスメス両方いたようだ。

90mmマクロ ♂
f0139568_20293686.jpg


17-70mmワイド端 ♂
f0139568_2030576.jpg


17-70mmワイド端 ♀
f0139568_20304654.jpg



これはムクツマキシャチホコ?
f0139568_2033311.jpg

[PR]
by view_ys | 2012-05-26 20:32 |
2012.04.28 松本市 ヒメギフチョウ
今年は季節の進み具合が遅く、若干フライング気味か?
という不安を抱きつつポイントへ到着したのが27日。天気は曇り。寒い。
標高を上げると桜も咲いていない。カタクリは全て蕾。やはりフライングか…。
ヒメギフの姿もウスバサイシンの芽も確認できない。

28日は朝から晴れて初夏の陽気。
ポイントへ着くと、昨日まで蕾だったカタクリのほとんどが開花している。
探し始めて10分ほど経った頃、1頭目のヒメギフが飛び出した。気温が高く止まる気配がない。

昼前から個体数が増え吸蜜する個体も多くなる。

その後昼過ぎに一旦個体数が減ったが、15時頃から再び増えて16時半頃まで吸蜜が続いた。
夕方活発に吸蜜行動が見られたのは一昨年と同じであった。
f0139568_20123571.jpg

f0139568_20202471.jpg

f0139568_20194757.jpg



今回は採集者にもカメラマンにも会わず、とても充実した1日だった。
[PR]
by view_ys | 2012-05-26 20:22 |
2012.04.24 四街道市 ツバメシジミ、エゾヨツメ
ツマキチョウを撮りに少し離れた谷津田へ。
目論見通り、ツマキチョウが多数飛んでいる!…が、
到着と同時に1頭残らず飛び去ってしまい撮影できず。

ギンイチモンジセセリにも逃げられツバメシジミを撮るなどする。
こういうときでもないと普通種にはなかなかカメラを向ける機会がない。
f0139568_19514427.jpg


ツマキチョウの多そうな林縁へ向かう途中、足元にヘビ。
カラカラ威嚇しているヘビを前に、ツイッターで同定を求める僕。
アオダイショウと迷ったがマムシで合っていた。
f0139568_19562446.jpg


マムシと別れたあと、草に引っ掛かった枯れ葉に違和感を覚える。
よく見れば、地元で初のエゾヨツメ。
f0139568_19592062.jpg


このあたりでツマキチョウはどうでもよくなり、エゾヨツメの撮影に没頭する。
夕暮れ時を待って撮影した1枚だが、最後まで構図が決まらないまま日が沈んで行った。
f0139568_2005841.jpg

[PR]
by view_ys | 2012-05-26 20:01 |
2012.04.21 長野県、オオシモフリとイボタガ
ギフチョウ撮影の日の夜はオオシモフリスズメの撮影。

オオミズアオが出ていた。早い。
f0139568_19451754.jpg


本命オオシモフリスズメ。
f0139568_19454482.jpg


イボタガ。美しい。
f0139568_19461778.jpg

[PR]
by view_ys | 2012-05-26 19:46 |
2012.04.21 長野県、ギフチョウ
飯田市のギフチョウポイントへ。
去年か一昨年も来たが空振りで、今回はリベンジ。

縄張り争いのオスばかりでなかなか撮影できないところに
交尾中のカップルが落ちてきた。
f0139568_19371183.jpg


花が少なく吸蜜シーンの撮影はできなかった。
[PR]
by view_ys | 2012-05-26 19:39 |
2012.03.21 館山市、いちご狩りハウスのセイヨウミツバチ巣箱
更新再開!


いちごそっちのけで巣箱に張り付き連写する。不審者。
f0139568_1931266.jpg

[PR]
by view_ys | 2012-05-26 19:31 | 昆虫

[PR] インプラント