<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
カタツムリ
 ミスジマイマイでしたっけ?

f0139568_21254525.jpg

2005.07.28 千葉県四街道市
D70 DX Fisheye Nikkor 10.5 SB-600



 だんだんネタがなくなってきました。
 というのも、もともとストックが少ないというのもあるのですが、バックアップをとっていなかった06年撮影の写真のほとんどが昨年のパソコンの故障で読み込めなくなり、いまだに復活できていない状態です。
 故障箇所がHDDっていうのがつらいですね(外付けでもうまく動きませんでした)。
[PR]
by view_ys | 2008-01-27 21:29
ナツアカネ
 青空とネムノキの緑の対比が綺麗でした。

f0139568_18471972.jpg

ナツアカネ 2005.07.28 千葉県四街道市
D70 DX Fisheye Nikkor 10.5 SB-600
[PR]
by view_ys | 2008-01-20 18:50
ジョウザンミドリシジミ
 下のヒメシジミの翌日に撮影しました。
このときは奥只見~桧枝岐方面へ2泊3日のキャンプへ行っていました。

 ゼフィルスの翅の輝きをうまく表現できていないのは、ストロボを焚いているからでしょう。

f0139568_1233334.jpg

ジョウザンミドリシジミ 2005.07.18 福島県
D70 DX Fisheye Nikkor 10.5 SB-600
[PR]
by view_ys | 2008-01-19 12:34
ヒメシジミ
 前の記事のキアゲハの翌日に撮影した写真です。
これくらいの角度で翅を開いたチョウをこの角度から見るのが好きなので(マニアック?)、ちょっと気に入ってる写真です。

f0139568_21493884.jpg

ヒメシジミ 2005.07.17 福島県
D70 DX Fisheye Nikkor 10.5 SB-600
[PR]
by view_ys | 2008-01-12 21:50
キアゲハ
 魚眼レンズ週間(月間?)ということで、古い写真も含めて魚眼レンズで撮影した写真を主に貼っていきます。

 
f0139568_18125753.jpg

キアゲハ 2005.07.16 新潟県
D70 DX Fisheye Nikkor 10.5 SB-600

 群生していたムシトリナデシコに多数のチョウが集まっていました。ヒョウモン類が最も多かったと記憶していますが、もう7月であるにもかかわらず、普通夏前に現れるはずのウスバアゲハが1頭だけ飛来していたのには驚きました。
 ちなみにこの日は10.5mm魚眼レンズを購入した直後で、初めてこのレンズを使った日でした。
[PR]
by view_ys | 2008-01-06 18:23
植物関係のブログ始めました
写真の話も織り交ぜていこうと思っております。
興味のある方はこちらへ!

↓↓↓

http://asclepiad.exblog.jp/
[PR]
by view_ys | 2008-01-05 16:50
クロスズメバチ越冬
@東京都八王子市

 年末の撮り納めは、チーム神奈川の皆さんと越冬昆虫探しと糖蜜。
立ち枯れてボロボロになった木の幹に白黒の縞模様の腹が見えていました。クロスズメバチです。珍しい種類ではないですが、越冬シーンは初めて見ました。

f0139568_15254958.jpg

クロスズメバチの越冬 2007.12.30
D70 DX Fisheye Nikkor 10.5 SB-600

撮影時に少し材を剥がしてしまったので、撮影後はクロスズメバチの上にスギの葉をかぶせて巻いておきました。
[PR]
by view_ys | 2008-01-04 15:28
2008 謹賀新年
@千葉県四街道市

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。


f0139568_532262.jpg

『道』 2007.10.10
D70 Tamron 90/2.8 Di[272E]


 写真は市内のはずれの静かな谷津にある農道です。

 …が、実は90度横を向くと、開発のために切り崩され土が盛られ、ほとんど裸地になってしまった里山があります。開発の途中で資金繰りが悪化したため、数年前から手を付けられず放置されたままになっています。開発の前は貴重な動植物が多く住むとても自然豊かな土地だったそうですが、僕はその頃のこの場所を知りません。

 この道を進んで行くと、鬱蒼とした草木に囲まれヤナギが点在する湿地があり、数多くの野鳥の姿が見られます。いわゆる谷津の地形です。以前は水田として利用されていたのかも知れません。
 で、さらにその奥に進むと高さ数メートルにまで成長した笹薮が行く手を拒んでいますが、真冬の草木の落葉期なら何とか通り抜けられました。その笹薮を抜けると何があるかと言うと…まるで砂漠のような乾燥地帯なんですね。一応緑化しようという気があったのか、砂漠の隅っこに等間隔に植えられた数十センチのマツの幼木が寂しそうに佇んでいました。

 最後にこの砂漠に足を踏み入れたのは2、3年前のこと。今どうなっているのかは分かりません。

 …どちらかというと年末向きの画像のような気がしますね。
風景写真なんて普段撮らないので、こういう写真の場合どこにピントを合わせたらいいのか分かりません。


 砂漠の惨状については、いずれ画像つきでまとめて公開するかもしれません。
[PR]
by view_ys | 2008-01-01 05:05

[PR] インプラント