<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
魚露目で飛翔写真-アキアカネ-
@千葉県千葉市

 台風がもたらした大雨によって、バイト先の農場の隅に3m四方程の小さな水溜まりが出来ていた。朝9時半頃、そこに10組以上のアキアカネのカップルが集まって連結産卵していた。他にも水溜まりはたくさんあるのに、なぜかみんなそこ一か所に集まってくる。

 『これはシャッターチャンスだ!』

 …と思い、(バイト中に撮影するわけにもいかないので昼まで待ち、)急いで昼食を済ませてその場所に行ってみると、既に水溜まりは乾き、アキアカネは姿を消していた。その手前の大きな水溜まりに、まだ2組だけ残って産卵していたアキアカネを見つけ、なんとか撮影できた。
f0139568_23394395.jpg

2007.10.28
Caplio GX8 魚露目8号 SB-30

 初めのうちは警戒心が強くなかなか近づけなかったが、粘って何度も接近を試みるうちに、少しは近づいても逃げないようになってくれた。

 いなくならないうちに、今年中にまた挑戦したい。
[PR]
by view_ys | 2007-10-28 23:44
魚露目8号、対角魚眼的使用法
@千葉県四街道市

 魚露目8号を使用する際、ズームを中望遠域にすると円周魚眼のようになるが、GX8ではズームを望遠側にし、さらにデジタルズームで1.4倍までズームするとほぼ対角魚眼のようになる(この画像では四隅が少しケラレていますが、ちょっと調節すれば消えるはずです)。
 道端で、エンマコオロギ?の死骸に集まるアリを見つけたので撮影してみた。
f0139568_13354744.jpg

2007.10.10
Caplio GX8 魚露目8号 SB-30

 丸い画の独特の面白さは損なわれてしまうが、やはり倍率が稼げる分迫力が出たと思う。画面右側のアリ達にストロボの光が届いていないので、ディフューザーに改良の余地がありそうだ。
[PR]
by view_ys | 2007-10-11 13:40
アキアカネ、魚露目8号
@東京都世田谷区

 魚露目で上手く撮る方法はまだまだ模索中だが、だいたいコツはつかめてきたように思う。しかし、ピント合わせはやっぱり難しい。GX8では、MF時はメニュー画面からでないとシャッター速度を変更できないのもいただけない。
 写真はホシヒメホウジャクの幼虫と同日に撮影のアキアカネ。
f0139568_18235137.jpg

2007.10.04
Caplio GX8 魚露目8号 SB-30
[PR]
by view_ys | 2007-10-08 18:29
魚露目8号
@東京都世田谷区

 フィット社から発売され、某掲示板で話題になったコンデジ用魚眼レンズ、魚露目8号をついに先日購入した。現在市販のものではおそらく最も安く、最も簡単に虫の眼のような世界が撮れるレンズだと思う。
 大学に向かう途中でさっそく試し撮りした。

 ヘクソカズラにいたホシ(ホシヒメ?)ホウジャクの幼虫。
f0139568_14485815.jpg

2007.10.04
Caplio GX8 魚露目8号 SB-30

 このカットはうまくいったほうだが、慣れるまではピント合わせや露出の調節がちょっと難しそうだと感じた。
[PR]
by view_ys | 2007-10-04 14:53

[PR] インプラント