カテゴリ:蛾( 4 )
2012.09.17-19 マレーシアでライトトラップ(1日目、夜)
初日の夜はタクシーで山に登ってライトトラップ。

巨大なドクガ。触った友人曰く、痒くならなかったとのこと。
僕は怖くて触れなかった。
f0139568_15463030.jpg


美しい緑色のカレハガ。
f0139568_15481869.jpg

ストロボを焚くとうまく緑色が出なかったので、HIDライトで照らして撮影↓
f0139568_1549563.jpg


小物ばかりで盛り上がりに欠ける中…
出た!大物!アケビコノハ風の蛾。
f0139568_15495866.jpg

幕に止まって落ち着いた。 別個体でした。翅を閉じるとこんな感じ。
f0139568_15505038.jpg


ムクゲコノハ風。
f0139568_1551467.jpg


ハグルマヤママユも。
f0139568_15544880.jpg


安定のマエアカスカシノメイガ(多分)。
f0139568_15565869.jpg


マエアカスカシノメイガのそっくりさん。
f0139568_15575569.jpg



初日はこんな感じ。
ライトトラップは気温のせいか場所のせいか、飛来数が少なかった。
[PR]
by view_ys | 2013-03-08 15:58 |
2012.07.22-23 長野県 イブキスズメ Hyles gallii
今年もイブキスズメ Hyles gallii に会いに長野へ。

いつものポイントでなかなか見つからず焦ったが、
場所を移して今回初めて行くポイントで、やっと足元から飛び立つイブキスズメを発見。

ここはアヤメで吸蜜する個体が多いようだ。
f0139568_1758015.jpg

f0139568_17581788.jpg

f0139568_1801536.jpg


アカツメクサを好んで訪花する個体も1頭だけ見られた。
f0139568_182445.jpg


タイミング的には成虫の発生時期のピーク~後半くらいか。
卵、若令幼虫が同時に見られた。
f0139568_1835150.jpg

凹んでいるのは未受精卵?
f0139568_184845.jpg

幼虫
f0139568_185454.jpg

[PR]
by view_ys | 2012-07-24 00:00 |
2012.04.21 長野県、オオシモフリとイボタガ
ギフチョウ撮影の日の夜はオオシモフリスズメの撮影。

オオミズアオが出ていた。早い。
f0139568_19451754.jpg


本命オオシモフリスズメ。
f0139568_19454482.jpg


イボタガ。美しい。
f0139568_19461778.jpg

[PR]
by view_ys | 2012-05-26 19:46 |
2011.08.07-08 長野県 イブキスズメ(Hyles gallii)
上高地の記事がまだ途中ですが、長野県で再び成果があったのでこちらを先に。

~1日目~
イブキスズメがアザミで吸蜜することは知っていたので、アザミを探すところから始めた。
と言っても、8月の高原はいたるところにアザミがあるのでポイントを絞りづらい。

食草のヤナギランとアザミが一緒に生える場所を見つけて捜索開始。

ふと足元を見ると、いきなり止まっている個体を発見…運がいいのか、もともと実は個体数が多いのか。
f0139568_10194122.jpg


じっくり撮影したあと、疲れたので機材一式を置いてアザミのほうを見に行くと、別の個体が吸蜜に来ていた。
急いでカメラを取りに戻り、間に合った。
f0139568_10213816.jpg


撮影中、段々と空が暗くなり、ポツポツ降り出したので下山。
一時雨が止んで池の平を見に行くが、こちらでは成果なし。雷雨の中宿に向かった。

宿に向かう途中、林道脇のヤナギランで、ようやく初めてイブキスズメ幼虫を発見。
f0139568_10263559.jpg


しかし、イブキスズメで幼虫がなかなか見つからないとはどういうことか。
とりあえずは撮影できて安心して1日を終える。


~2日目~
イブキスズメの吸蜜の目撃情報のある林道から捜索開始。

アザミがまとまって生えているポイントが見つからず、成虫の姿も見つからない。

前日1頭しか撮影できなかった幼虫を探してみると、いるいる。
若令幼虫から終令と思われる大きな個体まで狭い範囲で観察できた。
f0139568_10452048.jpg


f0139568_1046329.jpg

f0139568_10474390.jpg

f0139568_10471640.jpg

f0139568_10482589.jpg



鱗翅目と思われる卵が花穂についていたが、イブキスズメかどうかは分からない(現在観察中)。
ヤナギランを食べる蛾は他にもいるようで、葉上のフンを目印に探すとシャクガ科やヤガ科と思われる幼虫がけっこう見つかる。
f0139568_1110252.jpg


この林道では成虫を見つけられず、昨日のポイントへ移動。
アザミには来ていなかったので止まっている個体を探して歩くと、足元からボロボロの個体が飛び出した。
敏感だがあまり遠くに飛べないようで、まるでバッタを追い回すような感じ。
f0139568_10571528.jpg

f0139568_1171584.jpg



この2日間で見つかったのは3頭。
擦れの具合も様々で、発生のタイミングはやっぱり分からず終い。

謎は深まるのであった。

f0139568_111250.jpg

[PR]
by view_ys | 2011-08-12 11:01 |

[PR] インプラント